きのう、奥様って9階級ぶりに草津温泉に行きました。奥様は3月で69歳になるのですが、マイカーを自分に運転させるのが不快のか、往路も戻りも行き2間隔のラインを自ら運転しました。ちっとも一緒にいるときっと、家庭喧嘩が始まるのですが、きのうは私も意識してママの意欲を損ねないようにしていた実績、喧嘩せずに立ち返ることが出来ました。
奥様は若い頃、お転婆お子様であった実績、背中一面に刺青が入っています。草津温泉は刺青には寛容な実績、問題なく入浴することが出来ました。但し、他の温泉聞き役はいい階級をしたおばぁさんの背中に刺青が入っているのを見て、驚いただ。
温泉から出て、二人で酒まんじゅうやアイスクリームをほおばりながら、講談社の課題社長が起こした殺人出来事の文字を見ました。そんなプロフェショナルが殺人出来事を起こし、背中に刺青のある奥様が今まで出来事を起こしたことがないことに少々違和感を覚え、微笑みみたいになりました。
年齢と共に体のあちこちにガタが出始めて掛かる奥様を見て、とうに親孝行を始めなければ、あとで後悔するなと思います。
きのうは奥様の口から珍しく「今日はお前にあたって腹部が立たなかった」という話が聞けました。
親しき中にも行儀ありということわざの通り、血縁関係があるからと言って、言いたいことを業績言ったのでは喧嘩になるのも難題はないなと再認識しました。
きのうは24階級前に他界したパパの生まれでもありました。
今月25お天道様には我々母子のみで食物会を催します。その際も家庭仲良くできるよう、今から趣き稽古を通じておこうと思います。あなたの未来を変える、高橋真麻の昆布の恵み。