今更カミングアウトするのですが、
本当は今年の正月は少々“うつ”の
ような身なりでした。

本格的なうつ病とは違うのですが、
随分楽しいことが見つけられず、
悶々とした日々を過ごしていました。

最初は荒筋が分からなかったのですが、
大層考えてみると、自分の心に
余地がなかったのです。

ニーズやサービスの勉強に加え、ちっちゃな
サイドジョブもやっていたため、年末にかけて
パンパンでした。

そんなわけで、知らない間に心理が
滅入っていたのですね。

そのことに気づいて、年明けからは
出来る限り輩にニーズを振りました。

学業も廃止です。

そうしたら少しずつ、気持ちが楽になって
きたり、面白いと思えることが増えて
来ました。

些細なことではありますが、その時には
中断していた“食通の食べ走り抜け”を、
最近は復活させてある。

そういえば、奴は世渡りの中で
知らない間に心理を征服始める
ことが多いそうです。

例えば、会社で非常識な心配りを
言われたといった執り行う。

本来は、腹が立って仕方がない
ところです。

しかし、ここでは大人の措置を
しなければなりません。

そのときにどうするかというと、
輩はその腹部が立つという気分を
無視する。

感じないようにするのだそうです。

こうして、概して奴はそれが
適うのです。

「危惧気分がなくなれば、それでOKじゃん!」
というかもしれませんが、本当はそれには
大きな落とし穴が存在するのです。

それは、「可笑しい・良い気分にも共に
ふたをしてしまう要所」です。

ですので、辛い会社に持ちこたえるって、
とあるときにもしかして「楽しいことって何だっけ?」
という状態になってしまうことも
あり得るのです。

みなさまも、お気を付けください。青汁飲みやすいのをランキングで教えてクダサイナ!←ここのサイトが詳しかったです。