電通で新入人材に過酷商売を課した事により、まだまだ初々しい女性が自殺してしまった事例に対して、私はついつい気になってしまいます。
内心、初動その連絡を聞いた時時、かなりかわいそうだけど、なんでたいして小さいときの勤めなんてあっという間に辞めてしまわなかったんだろう、と思いました。
自殺始める程度辛かったら、勤めなんて辞めても相応しいじゃないか、と思ったのです。
だって共鳴で見る限り、うわべもとても可愛くて素敵なママだったし勤め辞めたってあっという間に他に見出せるようなロジックだったのもあります。
も、何度もその連絡を聞いていると分かったことには、彼は最後の方では一段と、うつ病になってしまっていたと言います。
ではとっくに、正常な特定は耐え難い地位だったのでしょう。
かく言う私も本当は、今では悪徳業者として有名になっているとある居酒屋間隔で新入人材として働いていた事があるのです。
その頃はあまりの年中商売にコンディションも内も疲れきってしまいヘトヘトになって、お休みの日はお給料を使うウンザリもなくじっくり寝ていた実績しかありません。
無論勤めのお天道様には勤めが先ず始まるといった休息なんて取らせて貰えなくて、休息なんてその日の勤めが終わってからどしどし取れば良いんだという店長の方法に不服も言えなかったのです。
それほどにも常時疲れきって戻る性能、一緒に住んでいた父兄といったからきし話をする心持ちもなく間近が過ぎていっていました。
私がその先を辞められたのはエキサイトのかもしれません。
ますます続けてまともな判断能力を失うほどになってしまっていたら辞められなかったかもしれません。
自殺した彼のすぐ近くに、その過酷な商売地位を見て早くに遠ざかるように言って受け取れる客人がいたらどれだけ良かったです。
勤めは伝わるために作るものであって、勤めとして死ぬなんて事はあってはならないのです。
切ないハートをされた彼のご冥福をすこぶるお祈りしたいと思います。ネイチャーリズムのモニターが100%痩せたって本当?詳しくはこちら