わが家には3歳になるオス猫がある。
維持猫で、わが家に来たのは生後半年くらいの程
でした。

その時はちゃんとトイレではいちできていたのですが、
最近はとっても自由にはいちしてます。
猫砂トイレの外部でしっかり出します。不愉快になるほど広いものを…(笑)

6輩家事につき、船頭が多く、猫はトイレに華奢と言いますが、ボヤキが出てトイレの場所が変わったり、思いがけず最中にご対面!となったりで、彼には大不自由だったかもしれません。
その腹いせではないのだと思いますが、改めて1年齢側、トイレはトイレの思いやりを発揮できていません。

元日直ぐ、早起きの我が家の猫が、おなかすいた~、飯ちょうだい~、かまってちょうだい~、という男の寝室身の回りで鳴いていました。
さて、どうしたものかといった寝床で考え、私の寝室を通じてきた程度までは良かったのですが、この猫、完全に私にビビッているので、湯たんぽならぬ猫たんぽにもならず、部屋のコーナーでじーーーっと動かず。

些か様子を伺っているといると、部屋に落ちていた
ビニール荷を乾燥…布団をシュッシュッとかく響きが…
不快直感と共に、要するにあの異臭が。

落ち着いて考えれば、彼のパターン、彼の砂ほりの響き程度、次に何が来るか考えついたのですが、布団から出るのが遅れたばっかりに、朝からエースのお洗濯です。

曇り空にタオルケット干しながら、自身から出た錆で苦笑い
講じるしかない私でした。
どうにか賢く進歩をする方法がないかなあって、企てる日頃です。